話合している人達

最近の状況

並べた紙幣

離婚調停を利用する意味は、最近の夫婦は三組に一組が離婚するということを踏まえると大きくなっています。話し合いがまとまらないことも少なくないため、裁判に展開するためにも欠かせません。

メモをとる重要性

グラフを見せる男性

離婚調停を行うとなれば、メモをとる重要性に目を向けることは必須です。また、書類や証拠品を持ち込み、話したいことを予めまとめておくと、現場でスムーズな話を進めることができます。

コールセンターの女性

目的を履き違えない

離婚調停とは、犯罪に対する刑事裁判を行うわけではありません。調停員を介してスムーズにお互いの折り合いをつけるための、冷静な話し合いの場です。その勘違いをなくすことが、良い結果には必須です。

相続は選択が大切

スマートフォンの操作

被相続人から財産を得ることが出来る権利を持っている人は、相続権という権利を行使して財産をどうするかを判断することが可能です。 もちろん、遺産分割によってどの程度の財産を分配するのかは協議によって決めなくてはいけませんが自身の持つ割合に関してはその限りではありません。 相続権を行使して手続きをした段階で自由に使うことが可能であるため、その財産を自身のものとすることができるのです。 そのためには、不要なものは切り捨てて必要な分だけを相続する手続きを手続きをしなくてはいけません。 この際に大きな費用はかかりません。

財産に不要なものが混ざっている場合とは一体どのようなケースでしょうか。 代表的な事例は、被相続人が亡くなる前に多額の借金を背負っていた場合です。 借金を背負ったまま亡くなった人の財産は、そのまま子供に継承させるかどうかを選択しなくてはいけません。 仮に、借金を含めた被相続人の財産がプラスになるようなときにはそのプラスの分だけを都合よく子供に分配することが出来るのです。 このような手続きのことを相続の限定承認と言います。 限定承認を行えば、財産だけを引き継いで必要のない借金を全て処分することが可能です。 被相続人の借金を子供が必ず背負わなくてはいけないと言った法律はないため、不要ならば処分すれば良いだけなのです。 そのことを知っておきましょう。